先輩乗務員インタビュー

トップページ > 先輩乗務員インタビュー > 本多 輝好さん

先輩乗務員インタビュー

本多 輝好さん

お名前
本多 輝好さん(51)
入社
平成21年4月
前職
トラックドライバー
──転職しようと思った理由を教えて下さい
前職はトラックドライバーをやっていたのですが、運動量が多く一日走り回る事も多い仕事でした。
頑張りすぎたせいか膝を悪くしてしまい、水が溜まるようになってしまったんです。
このままトラックドライバーを続けるには、お医者様から手術をする必要があると言われました。
スポーツ選手という訳でも無いですから、手術はしたく無かったんですね。

内勤に異動しないか?と言ってくれたのですが、外で仕事をするのが好きというのと、運転が好きという事もあり、 思い切ってタクシードライバーに転職を決意しました。
──転職する際に不安だったことはありますか?
しっかり売上を上げる事ができるのか、生活していけるだけの収入を得られるだろうか。
前職と同じくらい(30~40万)稼ぐ事ができるのか…収入面は不安でした。
自分がタクシーに乗らないので、そんなにタクシーを利用する人はいるだろうかという事も不安要素の一つでした。
―――収入面の不安はありましたか?
そこまで不安に思う必要は無いんだな、というのが正直な感想です。
やってみるとわかりますが、タクシーを必要としているお客様は非常に多いです。
仕事に慣れて3ヶ月程経った頃でしょうか。道を覚えて、車を走らせていれば十分に収入を得る事が出来る、と感じました。
──昭和自動車を選んだ理由はなんですか?
自宅から近いという点と、ある程度の知名度がある会社という点です。
昭和自転車なら自転車で10分以内で通えますし、東京無線のグループ会社なので 私の希望する条件に合っていました。
──転職して良かったことは何かありますか?
自分の時間を確保できる事ですね。 前職のトラックドライバーは、お客様のスケジュール優先の勤務スタイルなんですよ。時間指定等もありますからね。 その点タクシードライバーは自分の裁量に任せて頂ける部分が非常に多いんです。
勤務に関しても事前に申請することにより、可能な限り融通を効かせてくれますし、出勤した次の日は明番といって一日しっかり休めますから。 前職と比べるとずいぶん働き易い環境だと思います。
──今後の目標をお聞かせ下さい
売上を上げる事、毎日平均して良い売上にする、という事でしょうか。
現状だと良い時と悪い時の差が激しい事も多いですから。
売上トップクラスの人は高い売上を維持しているので私もそうなりたいと思います!
──入社希望の方へメッセージをお願いします
当社は大企業という訳では無く、従業員も沢山いるという訳ではありません。
だからこそ管理職や部長ともコミュニケーションが取り易く、社長自ら声をかけて私たち社員の事も気にかけて下さるんですよ。
相談ごとに乗ってくれる事もあります。ですから会社の雰囲気はとても良いんじゃないかと思います。
かれこれ勤続6年になりますが、辞めようと思った事はありませんし、嫌だと思った事もほとんどありません。
居心地が良く、とても良い会社ですから是非一度、当社を見に来てもらいたいですね。きっと気に入ってくれると思いますよ。

インタビュー:平成27年5月

トップページ トップページ

タクシー採用メニュー